FGF

MENU

FGFとは?エイジングケア成分FGFの効果について

FGF(Fibroblast Growth Factor)はEGFと同様に、人間が元々持っているタンパク質の一種です。
通常「線維芽細胞増殖因子」や「線維芽細胞成長因子」と呼ばれています。
EGFが表皮細胞の再生を促す働きを持っているのに対し、FGFは真皮の線維芽細胞を増殖させる働きがあります。

 

線維芽細胞はお肌のハリを支えるコラーゲンを産生し、古くなったコラーゲンを分解します。
肌弾力のカギを握るコラーゲンを生み出すという非常に重要な役割を持つ線維芽細胞ですが、20歳をピークに減り始め、40歳には30〜40%に減少してしまいます。線維芽細胞が減少すると、コラーゲンの産生量も激減し、その結果お肌のトラブルが続出するようになってしまいます。

 

現在FGFはFGF-1からFGF-23まで23種類あることが確認されています。番号によってそれぞれ役割が異なっており、それぞれの特長を生かして化粧品に配合されています。

 

FGFを取り入れることで線維芽細胞を増殖させることができるので、お肌のエイジングケアには非常に効果的です。
しかし、FGFは線維芽細胞のあるお肌の真皮層に浸透してこそ効果が発揮されるものなので、浸透力もとても重要です。
ぜひ浸透力の高いFGF配合の化粧品を使用して、若々しいお肌を手に入れてくださいね。