若く見えるアイメイクのコツ

MENU

若く見えるアイメイクのコツ

40歳からの女性が自然に若く見えるアイメイクのコツを覚えておきましょう。

 

いくつになっても若く見られる人は、アイメイクが上手なかたが多いです。
目の印象ひとつで見た目年齢はぐっと若くなります。

 

「おばさんメイク」にならないように時にアイメイクには力をいれてみましょう!

 

  • ブルーやグリーンのアイカラーは古い印象

40代以降の女性がブルーやグリーンのアイカラーを使うと、バブル期のメイクに今も影響されているおばさんというイメージになってしまうので要注意。

 

ベージュ系、ゴールド系のアイカラーでグラデーションをつけて仕上げると自然ですっきりした目元になります。

 

  • つけすぎのマスカラ

目をパッチリ見せたいのはわかるのですが、必要以上にマスカラをつけてダマになっていては不自然です。
若作りに失敗した老けた人に見えてしまうので、マスカラは2度塗りまでにとどめましょう。

 

マスカラはロング、ボリューム、カールなど好みで選んでかまいませんが、コームでとかしてダマは取りのぞいてください。
ホットビューラーを使うとマスカラに頼らず自然に上を向いたまつげになります。

 

  • アイブロウは顔全体の印象を決める

細すぎる眉、アーチが強すぎる眉は実年齢よりも老けて見えるだけでなく、きつい印象を与えてしまいます。

 

眉山は黒目の外側に作ると良いとされていますが、やや内側にすると若く見えます。眉尻は長すぎると老けて見えるので目尻のラインより長くならないように整えます。

 

目頭はやや薄めに自然なアーチで眉を描きます。
しっかりと整いすぎた眉も老けて見えるので、仕上げにブラシでぼかしましょう。

 

目元にできやすい小じわや表情ジワの対策は普段のお手入れの仕方で防ぐことができますができてしまったしわはシワに有効が成分でスキンケアすることが大切!そのスキンケアとは?

目元のシワの対策へ

口の周りは表情ジワができやすいうえ、肌がたるむことでマリオネットラインと呼ばれる口角の両端にできるシワもできやすいです。その対策方法は○○がカギ!?特集ページはこちら!

口の周りのシワ対策ページへ

≪あの美魔女も愛用!人気のエイジングケア化粧品≫
女性雑誌でも特集を組まれるほど人気が高いあのエイジングケア化粧品がコレ。40代なのに超若く見える美魔女も愛用しているという敏感肌でもしみないスキンケアの秘密とは??

人気のエイジングケア化粧品へ

 

 

目元・目の周りのシワの予防と対策へ戻る