ペプチド

MENU

ペプチドとは?|エイジングケア成分としてのペプチドの効果

ペプチドとは、2個以上のアミノ酸がペプチド結合によってつながった構造のものを指します。
一般的に表情ジワと呼ばれる額のシワや目尻のシワ、眉間のシワなどは、お肌の弾力をコントロールしている真皮のコラーゲン線維が変性したり、断裂したりすることで生じますが、ペプチドはこれらの状態を細胞レベルで修復する働きがあります。

 

おそらくよく知られているのが、美容面だけでなく健康面でも注目を集めている大豆ペプチドでしょう。
大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た性質を持っており、お肌の老化を防止する働きがあります。
また、紫外線からのダメージから守り、体内でヒアルロン酸の生成を助けます。

 

その他、EGFやFGFといったヒトオリゴペプチドなどもペプチドの一種です。
これらは最も新しいエイジングケア成分のひとつですが、元々再生医療などで使用されているものであり、非常に高い効果が期待されています。

ペプチドは食品からはもちろん、サプリメントなどで摂取するできるものもありますが、お肌のエイジングケアをして取り入れるなら化粧品がオススメです。
ペプチド配合の化粧品を使用することで、表情ジワを改善することができるのです。