セラミド

MENU

セラミドの効果について

エイジングケア成分の中でも保湿成分として名高いセラミドですが、具体的にどのような働きをするかご存知でしょうか?
エイジングケアには欠かせない成分ですので、しっかり学んでおきましょう。

 

セラミドとはお肌の角質の細胞同士を繋ぎ止め、さらには水分をキープしている角質細胞間脂質の一種です。
セラミドは表皮で生産されますが、加齢と共に生産量が少なくなります。

 

セラミドが減少すると、お肌が乾燥し、かさつきや肌荒れなどが生じやすくなってしまいます。
セラミドを失うと、角層の水分量が80%も低下すると言われているほどです。

 

保湿ケアというと化粧水などでお肌に水分を与えることと考えがちですが、実は水分だけをお肌に与えてもすぐに蒸発してしまうため、本当の意味での保湿にはならないのです。
きちんと保湿するためにお肌に与えるべきものは水分そのものではなく、水分をお肌に留めておく保湿成分、すなわちセラミドです。

 

お肌が乾燥するとツヤや透明感がなくなり、さらにはバリア機能の低下による肌荒れや老化につながります。
そのため、エイジングケアには乾燥からお肌を守る保湿が不可欠なのです。

 

潤いを逃がさないようにセラミド配合の美容液などを使用し、正しい保湿を行ってくださいね。