シワの原因と予防

MENU

シワの種類やシワの原因と予防方法など肌老化の対策について

見た目年齢の印象を左右するのがシワです。

 

50歳過ぎてもシワが少なければ若々しく見られますが、30代でも小じわが目立てば老けた印象になり、実年齢より上に見られてしまいます。

 

シワの種類は3つほどあります。
  1. 小じわ
  2. 表情シワ
  3. 真皮のシワ

 

小じわは一般的に「ちりめんじわ」と呼ばれるものです。
目じりなどにできる小じわは乾燥が主な原因でできるシワです。

 

冬の寒い季節などケアを怠れば子供でもちりめんじわになってしまいます。
しかし、子供のちりめんじわは、時間の経過とともに消えていきますが、大人のちりめんじわはそう簡単には消えません。

 

 

次に表情じわは、笑ったり、眉間にシワよせるような顔筋の収縮によって出来る凹凸のシワですが、コラーゲンの弾力が徐々に失われてくるのが原因で加齢とともに元に戻りにくくなるのが特徴です。

 

人は生活していく上で喜怒哀楽を繰り返していますが、そういった表情を変化させるたびに、しわは出来てしまうものです。

 

しかも、人にはそれぞれ表情のクセがあり、笑っている人は目じりに、いつも怒っている人は眉間に、不満が多い人は口をすぼめていたりするので、口周りにといった具合です。

 

 

そして真皮のシワは表皮の下にある皮膚に出来るシワです。
くっきりと常にあるシワは加齢によるものや紫外線を浴び続けたことによって受けたダメージによってできてしまうシワです。

 

コラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾力が衰えたり崩れたりすることで真皮の部分にシワができるのですが、表皮じわと違い出来てしまうと回復が難しいので、できるだけ早いうちから予防策をとる必要があります。

 

 

紫外線はシワになる大きな原因のひとつです

日光浴をすることで肌が紫外線を浴びるとビタミンDが体の中で作られることは有名ですね。
ビタミンDはカルシウムとともに骨を丈夫にする大事な栄養素のひとつです。

 

しかし、真っ黒に日焼けしてしまうほどの紫外線を必要以上に浴びすぎると肌にはよくありません。

 

オゾン層の破壊が深刻化している現代では、より強い紫外線を浴びてしまうことになるので、紫外線対策をせずに肌に大量の紫外線を浴びるということは、肌のしわやシミなど肌トラブルの大きな原因になってしまいます。

 

 

生活紫外線と呼ばれる紫外線A波を浴びてしまうと、皮膚の真皮にまで届き皮膚のコラーゲンやエラスチンを破壊する働きがあり、シワやたるみなど肌の老化の直接の原因になります。

 

また、紫外線B波と呼ばれるものは強い日焼けを引き起こすもので、これは真皮にまで届きませんがメラニンの生成によるシミの原因になります。

 

20代くらいまでは肌の修復機能が正常に働いて、紫外線を浴びてもすぐにシワになるわけではありませんが真皮層まで紫外線を浴びていると、コラーゲンやエラスチンなどの細胞が破壊されてしまい、若くてもしわができやすい肌になってしまいます。

 

さらに年齢を重ねるごとに修復機能が衰え始めると、紫外線対策をしているにもかかわらずシワができやすくなってしまうのです。

 

 

若いうちから紫外線対策(UVケア)をしっかりとしておくことが将来のシワの予防対策だけでなく年齢より老けた印象になる、肌のシミや頬まわりのたるみの予防にもなります。

 

 

見た目年齢に差がでやすい!?目のまわりの小ジワのお手入れ方法について

目のまわりの皮膚というのはとても薄い構造で、その分とってもデリケートに出来ています。

 

皮膚が薄いのでほかの部位に比べて乾燥しやすいことから、小じわができやすい部分です。
目のまわりの小じわの原因は、加齢だけでなく乾燥とコラーゲンやエラスチン不足も考えられます。

 

 

目尻など目元や目の周辺に小じわがあると、顔の他の部位に比べて特に老け顔に見られたり疲れた印象を持たれてしまいますから目もとケアは特に重視したいところですね。

 

 

目の周りのしわの効果的なお手入れで大切なのは乾燥を防ぐこと

 

目もとケアでは、化粧水を最初は少しずつ肌に入れ込むようして、何度かに分けながら重ね付します。

 

そのあとに保湿効果の高いクリームや無添加オイルなどで乾燥しないようふたをしましょう。
水分を入れ込んでからふたをしないと肌の乾燥は防げないからです。

 

普段、無意識にスキンケアを行っていると化粧水をたっぷり使っているつもりでも、頬や額など広い部分にのみ行きわたり、目の周りや口周りなど手薄になっている場合が多いようです。

 

鏡を見ながら、目のまわりを集中的にケアするよう意識することが目もとの乾燥をふせぐためには大切です。

 

また、新陳代謝を高めるようにマッサージなどで血行を促進するのも効果的です。
ただし、強くこすりすぎると逆にシワの原因になりますから、マッサージ用クリームを使い指の腹などで優しく行いましょう。

 

目もと専用のケアを目的としたスキンケアのセットもあります。
特に年齢を感じやすい目もとという部位ですから、見た目年齢を若く保ちたい方はちょっと贅沢な目もと専用のケアを取り入れてみましょう!

 

 

目もと専用ケアのトライアルセットはこちら!

 

 

目のまわりに小じわがあると、それを隠すためについファンデーションも厚塗りになりがちです。
気をつけたいのはファンデーションがシワに入り込み、逆にシワが目立つようになってしまうことです。

 

シワのある部分はあえてファンデーションを薄くするか、均一に塗ったあとオフするだけでシワが目立たなくなります。

 

 

 

これはもう取れない!?と思うような深いシワを予防する方法とは?

真皮にまで達する深いシワが出来てしまうと、年齢問わずスキンケアだけでは善することが困難になってきます。

 

小じわができてからすぐに消せないような「深いシワ」になってしまうわけではありませんが、小じわの段階でケアしないと、真皮まで達する深いシワになってしまうことになります。

 

小じわが目立つようになったら、意識してシワ対策のエイジングケアをはじめましょう。

 

小じわ解消ケアをすることが、結局のところ深いシワの予防策になるのです。
まず、シワの大きな原因である肌の乾燥と紫外線対策はしっかりやりましょう。

小じわができないすべすべお肌の基本は「保湿」にあります。

 

水分をたっぷり肌に入れ込んだ後、オイルでふたをして蒸発させないことがシワ対策には大切です。

 

保湿成分配合の化粧水をたっぷり肌に入れ込んでから、油分のあるクリームで優しくマッサージするように入れ込みます。

 

マッサージも強くやりすぎると、真皮の繊維結合を傷つけてしまい逆効果になってしまい、今度はたるみの原因になってしまうので注意が必要です。

 

年間通して紫外線対策をすることは、いまやスキンケアの基本中の基本。

紫外線による肌へのダメージは徹底的に防ぎましょう。

 

紫外線はビタミンDを体内で作る効果があるなど良い面もありますが、必要以上に浴びてしまうと肌へのダメージが大きくなります。

 

紫外線の浴びすぎは将来的に肌のシミの原因となることがよく知られていますが、シワやたるみの大きな原因の一つであるということもしっかり認識して常にUVケアを心がけてください。

 

 

シワができてしまったときに取り入れるべきスキンケアのエイジングケア成分

今あるシワが、肌の乾燥によってできた小じわなら、ヒアルロン酸、セラミド、レシチン、ポリグルタミン酸、コラーゲン、エラスチンを配合した美容液を選ぶとよいでしょう。

 

表情ジワやほうれい線のようなやや深いシワの場合は、コラーゲンの合成力を高めるレチノール、ナイアシンといったビタミンAやビタミンB類、ビタミンC誘導体などを配合した美容液が効果的です。

 

 

このスキンケアは深いシワのケアに定評があります。

 

\\もちろんレチノール入ってます!//

 

あきらめていたシワのケアにおすすめのビーグレンの詳細はこちら

 

シワの原因を知りお手入れでシワ予防を徹底しよう記事一覧

 

なぜ表情ジワは年齢を重ねると消えにくくなるのか?シワの種類の中で、表情ジワというものがあります。見た目年齢が上がってしまう嫌なシワですよね。これは、普段の生活の中で笑ったり、怒ったり、悲しんだり、喜んだりといった感情の現れの過程でできるシワのことです。人生を過ごす中で、表情以外にも日常生活のそれぞれの人の癖の中で刻まれてしまううえ、年とともに肌の弾力が失われていき、もとに戻るチカラが徐々に弱くなっ...